審査に落ちる理由

審査で落ちた場合

どうしても借入件数がかさんでしまうと、新規での借り入れ審査で落とされてしまうことが増えてしまいます。そういった場合、慌てずにどうして審査で落とされたのか冷静に判断することが重要です。審査で落ちた理由も考えずに、他の消費者金融で申し込んでみても、同じ結果になるだけです。しかも、信用情報機関のデータに複数の金融業者を申し込んでいることが登録されてしまうため、ますます審査に通らない結果となってしまいます。
審査で落とされるからには、明らかな理由が存在します。一番多い理由は、多重債務です。どうしても金融業者にとって多重債務者は一番リスクの高い顧客となってしまいますので、警戒されてしまいます。また、申し込みの際に、虚偽の申請をしていると、信用を失ってしまいます。借金総額や借り入れ件数を過小申告する人が多いですが、これは簡単にバレてしまいますので、こういった虚偽の申告はやめたほうが得策です。
ただ、年収に関してはそれほど調査はしませんので、多少は多めに申告しても大丈夫です。間違っても手取りの額を記載しないようにしましょう。総収入を記載することです。そうすれば、実際の手取り収入よりかなり多くの年収になるはずです。

 

ワンランク落としてみる

審査で落とされた場合、ワンランク下の消費者金融をあたってみることが重要です。同じランクのサラ金業者で申し込んでみても、同じ結果になる可能性は高いでしょう。大手で落とされたならば、ワンランク下の中小中堅のキャッシング会社。さらには中小で審査に通らないならば、小規模の街金をあたってみましょう。そうすれば、審査に通る可能性は高くなるはずです。
それでも審査に通らない人は、余程の多重債務者か信用情報機関のブラックリストに登録されている方です。そういった方は、もはや借り入れをすることは不可能なので、金目の物を質屋かオークションに出して金策をするか、自己破産をして借金をチャラにしたほうがいいでしょう。